医療脱毛すると毛が濃くなるってホント?

医療脱毛をすることで、逆に毛が濃くなるということを聞いたことがあるでしょうか?これは、硬毛化とよばれるもので、医療脱毛や脱毛サロンでの施術によって起こることがあるものです。

実は、硬毛化の理由ははっきりとはわかっていません。そのため、どんな方に起こるのかや、起こさないようにするにはどうすればよいか、ということはわからないのです。ただし、硬毛化が起こることで、逆に脱毛の効果が高まるケースもあります。

レーザー脱毛機は、毛根までレーザーの光を届かせて、脱毛の効果を得るものですね。このレーザーは、色が濃いものに強く反応するのです。つまり毛が濃くなることによって、きちんとレーザーが届くことになります。そのため、より早く脱毛が完了する方もいるのです。

もちろんクリニックでも、硬毛化が起こった場合の対応などはきちんとしています。毛が濃くなった場合も、完了まで施術を受けることには変わりありません。うなじや背中など、毛が細い部分で硬毛化が起こりやすいと言われています。そのため、処理しにくい細い毛が、硬毛化によって逆に脱毛しやすくなるとも考えられるのです。医療脱毛の施術によって、ムダ毛が硬く濃くなってしまったとしても、さほど大きな問題ではないと思ってよいでしょう。

しかし、脱毛の施術は期間をあけて行うものですね。その間硬毛化したムダ毛がたくさん生えてくるのを、そのままにしておくのも気になるかもしれません。レーザー脱毛では、毛抜きやワックスなどのような毛根まで抜いてしまう処理でなければ、施術と施術の間にも自己処理できます。硬毛化によってどうしてもムダ毛が気になる状態の場合は、シェーバーなど毛根を取り去らない方法で処理して過ごしましょう。