キャッシングする時の収入証明が不要の場合の選択肢

借り入れをする場合は様々な書類を提出し、審査を受けることとなりますが、できることなら用意する書類は少なく手続きを進めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
まず、借り入れの際に本人であることを確認しなくてはいけませんので、運転免許証などの身分証明書は欠かすことができません。
そして、借り入れ金額によっては収入証明書が必要となることもあります。

こうした書類は来店のときには持参していくこととなりますし、来店なしでインターネットからの場合であれば、ファックスやメール、郵送などで提出することとなります。

収入証明書を不要で借りたいという場合もありますが、まず、消費者金融のキャッシング場合は、50万円までの借り入れ、他社と合わせて100万円を超えない金額であれば、基本的に収入証明書は必要ありません。
できるだけ書類を少なく手続きを進めていきたいのであれば、こうした金額の範囲内で借り入れを行うと良いでしょう。

より多くの金額の融資を希望しているのであれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを選ぶこともおすすめです。
オリックス銀行などの銀行ごとに金額は違いがありますが、100万円~300万円までは書類なしで審査が行えることが多くなっています。
そして銀行の場合は消費者金融に比べて金利が低いというメリットもあります。

そして審査内容によっては所得証明の提出が必要となる場合もありますので、申し込む際は条件などはよく確認しておきましょう。